忍者ブログ
[KTM SUPERDUKE][HONDA S2000]を中心にお届け
2017/10/21  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 MotoGP  cm:0  tb:0



以下、記事直訳:
昨年末に私たちはKTMは犯したことを知った
それ自体が内部的に予定Moto3で競合する
予定されているクラスは、2012年の125GPを交換する。で
というニュースの時間は、オーストリア企業はまだ
その250ccクラスの4ストロークの計画の初期段階
単気筒のレースバイクは、しかしホンダように望んでいない
その修訂とMoto3開発スポットライトのすべてを取る
250は、この一週間、KTMのMoto3シャーシのテストを開始
スペインのカルタヘナトラックで構成。
変更された125ccクラスシャーシと350ccのSX - Fで到着
サンパー、KTMののIDMのスーパーライダー道Ransederがかかった
2年以上のプロトタイプのレースマシンの実権を握って
一日のテストセッションを開始します。最初のものよりプロローグの詳細
KTMののMoto3話に章では、このイベントは、それが明らかになる
そのKTMはまだその軸受を取得しているどのような方向
それはエントリーレベルのGPプログラムを取ってほしい。
現在の構成で明白は店頭
であるKTMの350 SXの- Fのから制限350ccモータの両方
非常に軽量かつ強力な、と考えている
同様の寸法と力のために使用される
250ccクラスMoto3レースバイクから期待される属性を設定します。 KTMのの
125ccクラスのカテゴリーでの経験は、便利になるだろう
チームは、明らかにシャーシに開始しています
構成、および建物は、それが合うように時
大きな変位の特性4ストローク モータ。
新しいMoto3 350 SXの- Fをでやる完全なアナログ
レースバイク、KTMは350のを減少させる必要があるので、も
81ミリメートルに割り当てられた最大88ミリメートルから産んだ。しかし、
オーストリア企業は、問題の会議を持っている必要があります
それは少なくとも15競技を供給できることを示す必要
同様のレースプラットフォームと。 Moto3があるになりつつあります 。

ーーーーーーー

ということで、
いよいよシャーシの本格実戦テストが開始されたみたいです。
(いよいよ、というか遅くねーか)

どうやら350エンジンベースにボア内径88mmを
Moto3規定の最大81mmにするみたいですね。

規定をみると、
エンジンの最大回転数が14,000rpmっていうのも
驚きです。シングルでそんなに回るのかと。

そういえば、全日本で見たGP-MONOは、
Fディスクが大径シングルが多かったのですが、
小型のダブルになってます。

それにしても、
ライダーがデカイのか、
S80並みの車格に見えなくもない。

ソースはこちら
PR
この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password
prev  home  next
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM

[10/09 koh]
[10/08 koh]
[10/01 doggy]
[07/16 ken]
[07/12 ken]
最新記事

(11/19)
(10/24)
(10/11)
(10/08)
(10/08)
最新TB

ブログ内検索

アクセス解析

カウンター

忍者ブログ [PR]
  (design by 夜井)